手術を受けるための条件

手術を受けるための条件

ヤンヒー病院で性別適合手術を受けるための必要条件

◆日本の精神科医が、性同一性障害(gender identity disorder, GID)であることを認めた英文の診断書が必要です。

◆タイの精神科医によるGIDの診断を受けていただく必要があります。

◆MTFのSRS手術は1年以上のホルモン治療が必要です。

◆FTMの乳腺摘出手術は6ヵ月以上のホルモン注射が必要です。

◆FTMの子宮摘出手術は1年以上のホルモン注射が必要です。

◆18歳以上の未成年者の場合、親の身分証明書添付の同意書が必要です。

◆HIV陽性の場合、手術は受けられません。

性同一性障害(GID)とは

女性なのに、自分は「本当は男なんだ、男として生きるのがふさわしい」と考えたり、男性なのに「本当は女として生きるべきだ」と確信する現象を「性同一性障害(gender identity disorder, GID)」と呼びます。 このような性別の不一致感から悩んだり、落ち込んだり、気持ちが不安定になることもあります。
性同一性障害については、まだ理解が進んでいるとはいえず、診断や治療ができる病院も多くはありません。そこで、性同一性障害とはどのような病気であるのか、その症状や治療法、法的側面等について解説します。

  • 性同一性障害とは
  • 性同一性障害でみられる症状
  • 性同一性障害の治療
  • 性同一性障害を有する人のQOL

pagetop