詳細はこちらから
propesia(英語) merck(英語)
自毛植毛とは?

男性型脱毛症は、AGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれ、成人男性が発症する脱毛のほとんどがこのAGAです。
AGAでは主に前頭部の毛髪が脱毛しますが、自毛植毛では脱毛して薄くなった前頭部に、AGAの影響を受けにくい自身の後頭部の毛髪を移植することで、生涯にわたって発育し続ける健康な髪の毛を作ります。手術後、後頭部から移植された毛髪の性質は、他の部分に植え替えても変化することはなく、半永久的に発育し続けます。
この頭髪の特徴はドナードミナントと呼ばれ、これを薄毛治療に利用したのが自毛植毛なのです。
移植された毛髪は自身の毛髪ですから、移植後の拒絶反応はありませんし、移植された毛髪は色や質感も変わらず、加齢とともに移植部分もグレーヘアーへと変化してきます。また一度移植してしまえば、その後は面倒なメンテナンスは一切必要ありません。当然、カツラのように維持費もかかりません。
自毛植毛は近年、技術な向上と低料金で提供するクリニックの出現によって、手術件数は飛躍的な伸びを示し、現在では世界中で年間約100万の人々が自毛植毛手術を受けています。
現在、日本では費用が高額なため、まだ一般的ではありませんが、その安全性と確実性への評価は高く、薄毛に悩む一般の方々への普及が大いに期待されています。
自毛植毛は日本皮膚科学会が薄毛治療に"勧められる"と評価した信頼出来る世界最先端の薄毛治療技法です。

植毛手術は大変安全であり、大掛かりな手術ではありません。局所麻酔により手術中に痛みや違和感を感じることはほぼありません。また合併症は極めてまれです。植毛した部分は通常違和感や不安感もありません。毛髪の生着率は個人差がありますがおよそ90%です。
お客様の元の脱毛状態の程度により2回から3回の移植が行われます。
移植量やゴールをどのあたりにするかなど一人ひとりのお客様と相談して決定されます。